【2020年最新】ウェディングドレスの選び方のコツ!

こんにちは、ステキメーカーです。

今日は、結婚式の主役でもある新婦様を美しく飾るウェディングドレス
その憧れのウェディングドレスの選び方のコツをご紹介します。


女性は誰もが理想のドレスを身にまとい自分が思う理想の花嫁姿になりたいと思いますし、自分自身の結婚式に参加してくれたゲストに「すてき!」と言ってもらいたいですよね。
とは言っても、ウェディングドレスは世の中にたくさんあり、柄や色、シルエットなど、どれがいいものなのか迷われていると思います。ドレスショップに行って一着ずつ試着するのもいいですが、時間や体力、精神的にも疲れてしまいます。

そこで今回は、自分の理想のウェディングドレスを効率的に選ぶコツをご紹介します。




たくさんあるドレスの中から理想の一着を見つけるためには、客観的な「ドレスの種類を決める要因」を把握してから種類を絞ることが重要となります。
今回は5つに分けてご説明します。

1.会場の規模
2.イメージ
3.肌の色
4.予算
5.体型

1.会場の規模
結婚式を行う式場の規模や広さは、ウェディングドレスのボリュームを決める要因の一つです。これが決まればウェディングドレスの種類の選択肢が狭まり絞れます。

レストランウェディングやハウスウェディングといった少し小さめの式場を予定している場合は動きやすさを考慮してボリュームが大きすぎないドレスを選ぶと良いと思います。

逆に大聖堂や大きめの教会などで挙式をする場合には、ドレスのスカートのボリュームを大きめのものにしたりトレーンを長いものにすると会場にウェディングドレスが綺麗に映えます。


2.イメージ
自身の理想のイメージは、後からは変更しづらい会場の規模や予算などを考慮して譲れない部分をまとめると良いでしょう。
ドレスショップで一目惚れするような理想のドレスを見つけ、それだけは譲れないのであれば予算などを考え直すのもありだと思います。

一生に一度の結婚式、先に絶対に譲れないものをまとめておくとスムーズに決まると思います。


3.肌の色
世間的にウェディングドレスといえば白が思いつくと思いますが、白にも青みがかったものや黄みがかったものなど白と言えど様々な白が存在します。

そんな中で大切となってくるものが自分自身の肌の色にあった白色を選択することです。

一般的に黄みの強い肌の方や日焼けしている肌の方などは黄みがかった白が似合うとされ、青っぽい色白の肌の方には青みがかった白が似合うとされております。自分自身の肌の色にどんな色合いのドレスが似合うかドレスコーディネーターに相談してみるのも良いと思います。

自分自身の生まれ持つ自然な肌の色が変わることは少ないので、たくさんのドレスから選択肢を絞る要因として重要とも言えます。


4.予算
予定している予算次第でも選択肢を絞る大きな要因と言えます。
ドレスコーディネーターに予算を提示すれば、その範囲でドレスをご用意してくれます。

予算に余裕がある方は、フルオーダーセミオーダーで自分自身だけの理想のドレスを作るのも夢があって良いと思います。


5.体型
体型は、身長の低い高い、ほっそり型なのかぽっちゃり型なのか、なで肩やいかり肩、首の長さや太さなど人それぞれ特徴があると思います。その特徴を上手くカバーしたり生かすにはドレスの形がとても重要です。自分自身の体型の悩みや長所を把握して選択しましょう。

以上が、ウェディングドレスの選び方のコツ!でした。
いかがだったでしょうか?


ウェディングドレスのカタログなどをみていると、どれもすてきでかなり迷ってしまいます。
そんな際は、今日ご紹介した記事を参考にして選択肢を絞っていき選びやすくなっていただけたら嬉しいです。

最終的に一番重要となるのが、妥協をせずにウェディングドレスを着る新婦様が幸せだと感じることが大切だと思います。結婚をされる皆様がステキなウェディングドレスに巡り会い、最高の結婚式になることを心より願っております!

ぜひウェディングドレスを選ぶ際に参考にしてみてください!!


このブログの人気の投稿

新型コロナウイルスに伴う披露宴延期についての特別対応につきまして

おしゃれな花言葉を添えて♪人気の花材で作るウェディングブーケ

映像制作会社が教える!プロフィールムービー コメントの付け方のコツ #002