結婚式の第一歩!招待状発送の基本と出す前に知っておきたいこと

こんにちは、ステキメーカー です。

結婚式におけるペーパーアイテムといえば「招待状」ですよね。
おふたりの大切な結婚式で、初めてゲストの方の目に触れるものになります。
招待状を見たゲストは、招待状のデザインや印象からおふたりの結婚式を想像するといっても過言ではありません。
最近の招待状はとてもオシャレで、おふたりらしさを表現するアイテムとしておふたりで手作りする方も増えてきています。
今回はそんな大切な招待状を出すにあたって必要な基礎知識をご紹介します。
おふたりで手作りする方もそうでない方も、今後のスケジュールを考え、無理なく準備が進められるように考えていきましょう。



・招待状発送の基本
1.招待状は披露宴日の最低2ヶ月前には送りましょう。
招待状を最近では手作りにするという方もいらっしゃいます。
通販で購入したり、式場に頼んだりするのと違い準備に時間がかかりますので、余裕をもって作業したいところです。
披露宴日の最低2~3ヶ月前に招待状を発送することがオススメです。

2.発送する日は「大安」を目指しましょう。
最低でも2ヶ月前にゲストのもとに届くと考え、さらに発送する日を「大安」と決めると大体の予定は決まるでしょう。
招待状の準備をするところから考えれば、少しずつ結婚式の準備が慌ただしくなってくる頃ですので、しっかりとおふたりで話し合いながら計画的に進めましょう。

3.招待状の返信期日は招待状発送から約1ヶ月後にしましょう。
期日については、プランナーさんからの提案もあるかと思いますが、招待状の返信期日も発送同様に「大安」の日を選ぶ方が多いようです。
大安でと考えれば、挙式日が決まれば自ずと期日は決まりますね。
また、大体披露宴日の約1ヶ月前が招待状の返信期日という形が多いですが、披露宴日の1ヶ月前ともなるとその他の準備も忙しくなることでしょう。
返信期日を越えても返信がないゲストへ個別で連絡するという場合もありますので、テーブルアイテムを手作りするなど予定が詰まっている場合などには、考慮して早めに設定すると良いかと思います。

・招待状を出す前に
招待状は出席を確認するものではありますが、招待状を出す前にあらかじめどのくらい招待客が来られそうか下調べをしておく必要があります。
いざ、ゲストを呼んでみたら「思っていたよりも少ない」なんて場合もございます。
やはり新郎様側と新婦様側のゲストの人数はバランスが取れているほうが好ましいと言われていますので事前にリサーチしておくほうが良いでしょう。
特にご親族の方をお呼びする際は注意です。
元々結婚自体が家と家の結びつきと考えると、親族同志の関係性やご両親との関係性などを考慮すべきことがある可能性があります。
また、遠方からいらっしゃるご親族の方には宿泊費交通費がかかります。
それらの費用を誰が負担するかなど、親族間でのルールがある場合もございます。
当人ではわからないことも多くあるかと思いますので、ご両親などに相談してご親族のゲストについて考えましょう。
結婚報告の際に、併せて出席の確認を取るのもいいでしょう。

尚、近しいご友人の方にも招待状の前に事前に出席の確認をとりましょう。
招待状を出すときに大体の人数を把握できていることに越したことはありません。
披露宴で余興やスピーチをお願いする友人には、準備期間も考慮してできるだけ早めに連絡すると良いでしょう。

・Save the Date(セーブ・ザ・デート)
最近では、Save the Dateといって、招待状の前に結婚式の日を知らせることが増えているようです。前述したとおり、招待状を出して返事が来てやっとゲストの人数が確定するとなると予定も組みづらくなってしまうことがあります。
招待状を出す目安とされる「披露宴日の2ヶ月前」そして返信期日である「披露宴日の約1ヶ月前」となると、それこそ結婚式場との打ち合わせなどで徐々に細かいところまで決めていく段階です。ゲストの人数によって変更しなくてはならない席次表や結婚式のエンドロールムービー、テーブルアイテムなどと結婚式での演出に影響が出てしまうこともあります。

効率よく結婚式の準備をする、またゲストへの配慮としても前もって知らせるということは理に適っているのかもしれません。
招待状よりも気軽に返事ができるというものメリットです。
ただし、ご親族の方や職場の方にはSave the Dateを送らないという方が多いです。
やはりどうしてもフランクでカジュアルなイメージがあります。
ゲストとの関係性を考慮して送るようにしましょう。

・招待状の差出人
招待状の差出人には3パターンございます。
結婚式がどのような形かということと主催者で変わってきます。

1.親の名前
2.新郎新婦の名前
3.親と新郎新婦の名前

以前は結婚自体が家と家の結びつきという印象が強かったため、親主催のもと親の名前を書くケースが多かったようです。
昨今では新郎新婦主催でゲストを招待する形の結婚式も多く、その場合は新郎新婦の名前を差出人にします。ただし、主催者がどちらにせよ親と新郎新婦を連名にしたほうが良いということもあります。
例えば職場関係のゲストへ親の名前で送ると、見た瞬間に誰の結婚式かわからないことも考えられます。さらに、親族中心の結婚式の場合、新郎新婦主催だとしても便宣上親の名前を書くこともあるようです。
ご家族を交えて話し合って決めると良いでしょう。

以上が、結婚式の招待状の出し方!でした。

いかがだったでしょうか?
結婚式にはたくさんのゲストに方に来てもらいたいですよね。
ご友人の方、ご親族の方、職場の方とたくさんの方に迎えてもらえる結婚式は最高なものになるでしょう。そのためにも下準備や基礎知識があるとスムーズにことが進みます。
今回の記事を活かしてもらえれば少しだけでも楽になると思います。

このブログの人気の投稿

新型コロナウイルスに伴う披露宴延期についての特別対応につきまして

おしゃれな花言葉を添えて♪人気の花材で作るウェディングブーケ

映像制作会社が教える!プロフィールムービー コメントの付け方のコツ #002