映像クリエイターが教える!結婚式ムービーの比率 大胆解説!

こんにちは、ステキメーカー です。

今回の記事は、結婚式に持ち込むことの多いDVD(Blu-ray)。
持ち込みのムービーで多くの方が気になる「アスペクト比」について紹介します。

今日では、結婚式でプロフィールムービーや余興ムービーを上映することがあたりまえになってます。そういった中、上映に関する注意事項を新郎様新婦様へお渡しする式場さんも増えてます。
その注意事項の中に必ず記載されていることが「アスペクト比」です。
アスペクト比とはムービーやテレビ画面、スクリーンの縦幅と横幅の比率のことです。
皆さんも「16:9」「4:3」という表記を見たことがあるのではないでしょうか。

   
                                        《16:9》                                                         《4:3》

このアスペクト比がなぜ重要かというと、テレビ画面やスクリーンにムービーを写した時の見え方に影響が出るからです。ですので、アスペクト比4:3のスクリーンを設置している結婚式場やパーティー会場は、持ち込みの上映するムービーの注意事項で「ムービーのアスペクト比は4:3で制作してください。」という指定をするのです。
ムービーとスクリーンの比率が合っていた方が上映しやすいということになります。

しかし、4:3のスクリーンには4:3のムービーしか映すことができないわけではありません。
実はテレビやプロジェクターの表示設定を適切に行えば、ムービーがどんなアスペクト比でもしっかりと違和感なく映すことができるんです。
それでは、どのアスペクト比でムービー制作をしたらいいのでしょうか。
これからオススメのアスペクト比について解説していきます。

・アスペクト比は16:9がオススメ!!
結婚式でのプロフィールムービーや余興ムービーを制作する際にオススメのアスペクト比は「16:9」です。
その理由として、現在一般的に流通しているご家庭用のテレビは16:9比率のワイド画面が主流だからです。
結婚式の最中は慌ただしくて堪能できなかったムービーを、挙式後にご家族やご友人と一緒におうちで鑑賞し楽しみたいという新郎様新婦様は多くいらっしゃいます。
その際に、ムービーのアスペクト比が16:9ならテレビのサイズ表示設定を変えることなく画面にぴったりのサイズでムービーを再生することができます。
何度でも再生したい結婚式の思い出が詰まったムービーをストレスなく視聴するなら16:9のムービーがオススメです。

・ワイド画面×4:3ムービーの見え方!!
ワイド画面のテレビでアスペクト比4:3のムービーを再生するとどのように見えるのか?
画像をご覧ください。


⑴縦幅をテレビ画面に合わせる。
   4:3ムービーを表示させる場合の一般的な形です。
   昔のテレビ映像のように映ります。


⑵横幅をテレビ画面に合わせる。
上下のはみ出た部分の映像が切れます。


⑶4:3の映像を無理やり16:9に合わせる。
⑴の時の余白部分を埋めるために横幅が引き伸ばされ、映像が歪みます。

このようにアスペクト比4:3のムービーをワイド画面のテレビに映すことはできますが、画面の表示設定の変更が必要になってくるため注意しましょう。

・スクリーン×16:9ムービーの見え方!!
冒頭でもお話ししたように、ムービーを上映する結婚式やパーティー会場に設置されているスクリーンにはアスペクト比が16:9と4:3のものがあります。
4:3のスクリーンには16:9のムービーを映すことができないと思われがちですが、そんなことはありません。

4:3のスクリーンに16:9のムービーを上映する場合は、上映会場のスタッフにプロジェクターの設定を変更してもらってみましょう。
映り方は上下に黒い帯が入り、映画のような雰囲気になりかっこいいです。

そして16:9のスクリーンに16:9のムービーを上映する場合は、ワイド画面のテレビと同様に、ジャストサイズで映ります。この際は、プロジェクターの設定は必要ありません。

【NG例】
4:3のスクリーンに16:9のムービーを上映した際のNG例を一つご紹介します。
下の写真は、ムービーの縦比率を無理やりスクリーンの幅に合わせた状態です。映像が縦に伸びてしまい人物が歪んでしまいます。
このようなNGパターンも、プロジェクターの設定を変更すれば正常に映る場合が多いので上映会場スタッフの方に確認してみることをお勧めします。

・何度も見たくなるムービーを作ろう!!
結婚式のプロフィールムービーや余興ムービーにおけるアスペクト比設定のポイントは、「上映会場のスクリーンで上映できるか」「家庭のテレビで快適に視聴できるか」ということです。
今回の記事でご説明した通り、アスペクト比がどんなものでもスクリーンやテレビに映すことはできますが、見やすさを考えると16:9の比率でムービーを制作することがオススメです。
さらに、スマートフォンでムービーを視聴する場合も16:9の方が画面いっぱいに表示されます。
そのことをふまえて、皆さんもムービーを自作する際にはアスペクト比を16:9で制作してみてください。

以上が、結婚式ムービーのアスペクト比は16:9がオススメ!でした。
いかがだったでしょうか?
せっかくの結婚式なのでムービーを自作し、持ち込みしてオリジナリティのある結婚式にしたいですよね。なかなかアスペクト比まで気が回らないと思いますが、快適にストレスなく見るためにもオススメの16:9でムービーを制作してみてください。

ぜひ参考にしてみてください!!

このブログの人気の投稿

新型コロナウイルスに伴う披露宴延期についての特別対応につきまして

おしゃれな花言葉を添えて♪人気の花材で作るウェディングブーケ

映像制作会社が教える!プロフィールムービー コメントの付け方のコツ #002